バイクの免許の1発試験、技能試験の注意事項。

バイクの免許の1発試験、技能試験の注意事項。

 

 

府中試験場などの免許センターで直接、運転免許の試験を受ける直接受験。

試験場で配られる紙に書いてある通りの注意事項があります。

注意事項を守らなければ、試験に落ちるどころか、受けられない可能性もありますので、よく読んで、注意事項を守って試験に臨んでください。

技能試験の注意事項(二輪)

二輪乗車時の服装
次のような服装では、技能試験を受けることができません。

  • ノーヘル
  • ノーグローブ
  • 半袖シャツ
  • 半ズボン
  • サンダル
  • ぞうり

その他二輪乗車(オートバイの運転)にふさわしくない服装。

*このような服装の場合、試験が受けられずに門前払い、試験の延期の手続きをして帰ることになります。

 

ヘルメット

乗車用ヘルメットは、車両の大きさに応じていて規格に準拠したヘルメットを使用すること。

 

グローブ
グローブは、指先の露出しないものを使用すること。

 

試験当日、雨が降っている場合には、カッパなどの雨具を持っていった方が良いでしょう。

(雨具の貸出も、試験場では有りません。)

 

走行コース、走行順路について。

走行するコース(走行順路)は、事前に配られる紙(このブログにも載せてあります。)を見たり、前の受験者の走り方を見て覚えてください。

途中で順番などが判らなくなったら、バイクを停めて手を上げ、試験官に尋ねましょう。
もし間違えてしまった時は、試験官の指示に従い、正しいコースに戻って下さい。



後は常識のある態度で。チャレンジすることは良い事ですが、試験管のみなさんも大変ですし、真剣に採点してくれます。

遊び半分での受験はやめましょう!

同じ人間ですから、腹も立つでしょうし、逆に真面目に受験している人には優しいですよ。