府中試験場でのバイクの技能試験のポイント その1


技能試験は、オートバイに乗るところから始まります。
その前に、ヘルメットとグローブは自前で必要なので用意しておいて下さい。

グローブは軍手でも構いませんよ。

それから念のため、肘と膝のサポーターやプロテクターもあると、もしもの転倒の時のケガを防止することができますね。

(試験場にも用意があるので借りられます。)

技能試験中の事故や怪我は自己責任になります。

警察署内での事故ですから、きっと対策は万全でしょうけどね。

まずはオートバイ(自動二輪)の乗車方法を参考までに。

スポンサーリンク

セオリー通り乗車方法。

フロントブレーキを握ってかける。
後方を目で確認してからサイドスタンドを外します。

右足を挙げて乗車。

ミラーを調整して下さい。

そして、キーを回してイグニッションON。

ニュートラルランプが点いているのを確認。

クラッチを握ってスタートボタンを押し、エンジン始動!

ギアーを下に踏み、1速に入れる(クラッチもブレーキも握ったままですよ。)

右合図を出す。

後方を確認して発進!

外周を一周。

いよいよ試験場のコースに入りますが、バイクの癖や雰囲気?を掴むために、外周を一周走行することが出来ます。

実は乗車からこの外周を一周走行して、スタート地点に戻るまでは試験官は見ていないようです。

ですが、この時間の中でしっかりと集中力を高めて、外周走行も有意義に使う時間にしたいと思います。

指定の速度(40キロ)を出してみたり、クラッチの繋がり具合、ブレーキなど、試したい事はたくさんあると思います。

最難関の一本橋、試す事はできませんが、一本橋をイメージして走行してみるのも良いと思います。