府中試験場で仮免技能試験の予約方法

技能試験体験談

仮免許と言えども、貰うためには学科試験と技能試験の両方に合格しなければもらえません。

この仮免許があれば、条件を満たせば一般の路上を運転することができます。

仮免許の学科試験に見事合格!した人は、そのまま試験場で技能試験の予約をとる事ができるので、仮免技能試験の予約の方法を知っておきましょう。

スポンサーリンク

技能試験の予約

学科試験に合格すると、技能試験の予約の取り方の説明をしてもらえます。

ですが、またまた説明が長〜いのでよく頭に入りませんね。まぁ順番に窓口に行けば教えてもらえます。

予約無しで受けられる学科試験と違い、技能試験は予約が必要ですので、手順だけはしっかり聞いておきましょう。

 

技能試験の受験に必要なお金は
  • 受験料 3000円
  • 試験車使用料  1550円
  • 仮免許交付手数料   1100円
(仮免許交付手数料は合格時に必要になります)

 

このうち、受験料と試験車使用料の支払いは予約する時に払っておいても、試験を受ける日にお金を持って行って払ってもどちらでも構いません。(受験までに払えばいいという事です)

 

当日だと混雑する場合があるので前もって払っておいた方が安心ですが、受験表に支払い済みの印字がされるので、受験表を紛失してしまうとまた支払う事になります。
(受験表の再発行は可能ですが支払いはもう一度。)

 

ですがやはり当日の”楽さ”を考えて先に払うことに、合計4550円。

 

予約の方法

予約は合格時に渡されるピーポ君のイラスト入りカードを使い、機械で行います。
予約機にカードを刺し、画面から受験したい日にちと午前の試験か午後の試験を選んでタッチ!

 

データが送られ、隣の窓口で受験表を受け取り、支払い窓口に移動して支払い、支払い済みの印字をしてもらって予約手続き終了となります。
予約に使うこのピーポ君のカードは技能試験合格時に返却します。
できるだけ早く返却したいですね。

 

そんなこんなでこの日払ったお金は学科試験の受験料と技能試験の予約時に支払った受験料の合計が7550円と、ウラコー費用3900円となりました。

 

無くしちゃいけない書類やカードに長い説明で頭は少し混乱しますが、落ち着いて、まずは学科試験に合格した事を喜びました〜!

 

先は長いですが第一段階終了で〜す。

【車もバイクもポイントザクザク】

 

スポンサーリンク
hikorikoをフォローする
運転免許の1発試験体験記!
タイトルとURLをコピーしました