免許センターで取る。原付免許の取得の方法!

みなさんこんにちは!原付大好き原チャリぱぱです。

ご存知のように原付では2人乗りはできません…

子供を乗せて2人乗りとかもできませんが、ちょっとした買い物に、近場のお出かけに、レンタルビデオを返しに行くのに!

と、いろいろ活用シーンの多い原付が大好きです。

そんな気軽で便利な乗り物、原付免許を1日でとる方法をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

・原付免許の取得方法!

免許センターと呼ばれている、都道府県各地にある運転免許試験場
原付免許の試験が受けられます。

東京なら府中試験場か、鮫洲試験場。埼玉は鴻巣、
名古屋なら平針試験場、大阪は門真ですね。


免許証の更新の時にもお世話になると思います。
後々は優良運転者という条件を満たせば、警察署などでも免許証の更新はできるようになりますが、初回の更新ができる場所は免許センターになりますね。

試験に合格して、原付講習を受けることで、原付免許は取得できます。

試験の予約などはありません。
試験場で原付免許を取るための手続きは、

1、原付免許の試験を受験したい日に試験場に行く。
2、学科試験を受験する。
3、合格したら原付講習を受ける。
4、その日に免許証の交付!

です。
ちなみに東京の場合、府中試験場や鮫洲試験場では午後の試験を受ける場合も
受け付け時間は午前中なのでご注意を。
(午前中の受け付け時間がかかるに受け付けを済ませて、午後の試験を受験する。
その間にもう一度、学科試験の勉強をするのが、僕のおすすめの受験方法です。)

試験の問題数は文章問題が46問と、イラスト問題が2問。
イラスト問題は一問2点の50点満点で、試験時間は30分、45点以上で合格です。
ミスの無いように頑張りましょう!
 
特にイラスト問題は、2問とも間違えてしまうと、それだけで4点の減点!
合格にはあと一問しか間違えられない状態になります。
 
イラスト問題は問題の最後に出てますので、他の問題に手間取ってイラスト問題にたどり着かなかった!
という事になると非常に不利です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました