原付免許の受験当日。試験場での試験の1日の流れ。

原付免許を取得するためには、試験場に行って試験を受けなければなりませんね。

16歳になって、早速原付免許を取るぞ!と思っても、試験場で試験を受けるのも初めての人にとって、ちょっと緊張してしまうかもしれません。

手続きも難しくありませんし、肝心なのは試験に合格すること!

免許取得のための1日の流れを知っておけば、落ち着いて試験に望めるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

・運転免許試験場の受験の流れ

受付
住民票の写しと写真、お金を提出して、必要書類の記入をする。
(写真はガチャっと型抜きして所定の大きさに切れる機械がありますので
それを使えば簡単に切れます。貼り付けるための、のりもあります。)

適性検査
視力の検査です。両目(両眼)で0.5以上の視力が必要。
それから色盲の検査。赤、青、黄色が見分けられないと信号の色が分かりませんね。

学科試験
試験の問題数は、文章問題46問、イラスト問題2問、制限時間(試験時間)は
30分で、45点以上で合格。

合格発表
ドキドキ…不合格ならこれで終了です…

写真撮影
試験に合格したら、交付手数料と講習の受講料を支払い、
免許証用の写真を撮ります。

先ほど提出した写真とは別ですので、免許証に使う写真と思って、気合いを入れた写真を持っていく必要はありません。
ここで撮る写真が、免許証に使う写真になります。
 
撮影は、あっ!という間です。

えっ!今?という感じです。残念ながら、なかなか納得できる写真にはなりませんね。

原付講習
内容は極めて簡単です。原付の各部の説明と操作方法を聞き、実際に少しスクーターに乗ります。
それからビデオを見て、講習を受けた証明書をもらいます。

原付免許の交付!
もう原付に乗れます。
 

原付試験はみな平等。

どうでしょう?試験場に行って原付免許の試験を受験して、原付の免許証を貰うまでの1日の流れは、ザッとこんな感じ。
案外あっさりと取れます。
 
というか、試験場の人達にとっては、毎日毎日やってくる、様々な種類の運転免許の手続きの中の1つ。
沢山の人が毎日訪れますし、こちらの緊張とはうらはらに、あっさりした物ですから、そう思って緊張せずに試験に臨みましょう。
 
そして、免許試験はみな平等。年齢や職業も立場は関係ありません。16歳になって早速!という方も、年をとって必要になって、という方も試験は平等。
周りを気にせず、頑張りましょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました